公社の賃貸ブログ

欅ハワイアンフェスタ in 相武台団地商店街:ウクレレとフラダンスで彩られた日曜日

2024.07.02

取り組み

6月9日(日)、相武台団地商店街前のけやき広場で、今年も「欅ハワイアンフェスタ」が開催され、取材をして来ましたこのイベントは、相武台団地にお住まいの方をはじめとする近隣の皆様に楽しんでいただければ、と2016年にスタートし、地元の皆さんにとって初夏の風物詩となっているようウクレレにフラダンスに、相武台団地商店街がハワイに染まった一日となりました。

アイキャッチ-02.jpg

6月9日(日)、相武台団地(相模原市南区)商店街前のけやき広場で、今年も「欅ハワイアンフェスタ」が開催されました

当公社では、商店街のシャッター街化や住民の高齢化が進む相武台団地の活性化を図るため、2015年に「グリーンラウンジ・プロジェクト」を始動。これまで相武台団地に住まう皆さんの笑顔を支えてきた商店街の歴史を活かしながら、次の世代へとつなぐ団地の豊かな共有空間を活用したまちづくりプロジェクトです。商店街と協力しながら、賑わいを創出する取り組みを進めています。

「欅ハワイアンフェスタ」は、そのグリーンラウンジ・プロジェクト参画者の有志で立ち上げられた「欅ハワイアンフェスタ実行委員会」によって主催され、一般財団法人シニアライフ振興財団、神奈川県住宅供給公社の協力で開催されました。

その始まりは2016年、プロジェクト第1期参画者として商店街に喫茶店を構える「ひばりカフェ」オーナーの佐竹さんの発案からでした。地域の皆さんに楽しんでもらうことを目的に、毎年初夏に開催されてきた「欅ハワイアンフェスタ」。開催を重ねるごとに徐々に団地の定番のイベントとして認知されるようになりました。

コロナの影響で、2年間中止を余儀なくされましたが、昨年より再開されて今年で7回目。

これまで一度も雨天中止になったことがなかったそうですが、今年はあいにくの雨。1週間延期となりましたが、無事開催となりました。

商店街の皆さんも、住民の皆さんも待ちに待った年に一度の初夏の風物詩。開始時間の10時には、パフォーマーもお店もお客さんも、すでにたくさんの人で賑わっていました。

01ハワイアンフェスタ.JPG 02ハワイアンフェスタ.JPG

開始時間の10時になると、欅ハワイアンフェスタの実行委員長、そして発起人である佐竹さんが、開会のご挨拶。

「相武台団地商店街の盛り上げるために、皆さんのご協力をいただいて、今回も開催することができました。年に一度のハワイアンフェスタ、今年も賑やかに行きたいと思います!食べて、飲んで、踊って、楽しんでいってください!」とスタートを切りました。

03ハワイアンフェスタ.JPG
元気に挨拶する佐竹さん(写真左)

タイムスケジュールはびっしりです!気持ちがぱぁっと明るくなるような華やかな衣装を身にまとったパフォーマーの皆さんがフラダンスを踊ったり、ウクレレを奏でたり、歌ったりと盛り上げてくれました。

05ハワイアンフェスタ.JPG 06ハワイアンフェスタ.JPG

07ハワイアンフェスタ.JPG アイキャッチ-02.jpg
08ハワイアンフェスタ.JPG 09ハワイアンフェスタ.JPG

商店街のお店だけでなく、マルシェや夏を感じる出店もたくさん!

10ハワイアンフェスタ.JPG 11ハワイアンフェスタ.JPG

12ハワイアンフェスタ.JPG 13ハワイアンフェスタ.JPG

14ハワイアンフェスタ.JPG 15ハワイアンフェスタ.JPG
動物たちも遊びに来てくれていました!

16ハワイアンフェスタ.JPG 17ハワイアンフェスタ.JPG
特に子どもたちに大人気だった特大のわたあめ。顔よりも大きくて、嬉しそう!

18ハワイアンフェスタ.JPG 19ハワイアンフェスタ.JPG

20ハワイアンフェスタ.JPG 21ハワイアンフェスタ.JPG
瓶を使ってキラキラした水族館を作るボトリウムのワークショップも開催され、子どもたちは楽しんでいました

2019年に当公社と連携協定を締結し、大学での専門分野を活かしながら相武台団地の活性化に取り組んでくれている相模女子大学と北里大学の団地活性サポーターのみなさんも去年に引き続き、フルーツポンチ屋さんを出店してくれていました。

最初はお客さんの足が止まるのを待つだけだったサポーターたち。商店街で40年以上商売を続ける熟練の八百屋さんからの「声出さないと売れないよ!」のアドバイスを受け、大きな声でアピールしたり、呼び込みに行ったりしたところ、徐々に客足数が増えていきました。途中からは、八百屋さんと「どちらが大きな声を出せるか」のバトルになりつつありましたが、元気な呼び込みのおかげで、準備していた150人分のフルーツポンチは完売しました!

22ハワイアンフェスタ.JPG 23ハワイアンフェスタ.JPG
ハワイをイメージしたフルールポンチ。準備から販売まで、団地活性サポーターだけでがんばりました。

24ハワイアンフェスタ.JPG 25ハワイアンフェスタ.JPG
いつもは毎月第四日曜日に開かれ、地域の子どもたちから高齢者まで、誰もが気軽に立ち寄れるひよここども食堂。この日のために、お米を40合も炊いたのだとか!

26ハワイアンフェスタ.JPG 27ハワイアンフェスタ.JPG
取材班は美味しそうな匂いに釣られて、屋台のバインミーをいただきました。パクチーをトッピング。ボリューミーで大満足でした!

ウクレレ演奏とフラダンスで終始盛り上がっている会場では、ビール片手に鑑賞したり、一緒に踊ったりする観客も。大人も子ども、みんな一緒になって楽しんでいました。

28ハワイアンフェスタ.JPG 29ハワイアンフェスタ.JPG

30ハワイアンフェスタ.JPG 31ハワイアンフェスタ.JPG

相武台団地があるのは相模原市ですが、米軍基地の座間キャンプの近くです。ハワイにルーツを持つ方も多く、この地域はフラダンス人口が多いそう。

フラダンスは女性のダンスというイメージが強かったのですが、男性のパフォーマーさんも出演されていて、しなやかな女性の振り付けとはまた違う、ダイナミックな表現に圧倒されました。

32ハワイアンフェスタ.JPG 34ハワイアンフェスタ.JPG

午前10時から午後4時まで、音楽にダンスにとたっぷりとハワイに浸かる一日となり、「想い出に残る一日となりました!来年もお越しくださいね!ALOHA~!」の挨拶で閉会。

地元の皆さんの力を合わせて開催された「欅ハワイアンフェスタ」。相武台団地商店街は活気に溢れ、素晴らしい音楽とダンスで満たされた楽しい一日となり、日本にいながらハワイにいるかのような体験ができました。来年も楽しみにしています!

相武台団地では、今後もたくさんのイベントを開催する予定です。

7月には「夏祭り」、9月には「防災訓練」と今後もたくさんのイベントが盛りだくさん!

相武台団地商店街で行われるイベント情報は、Instagramからご覧ください。

今回の公社の賃貸:商店街

相武台商店街(相武台団地)

35相武台団地商店街.JPG
【団地紹介】シンボルツリーにみんなが集う「相武台団地」
【物件概要(賃貸住宅のみ)】●所在地/相模原市南区相武台団地1-1ほか●棟数・規模/11棟446戸●専有面積/35.59㎡、71.18㎡●間取り/2DKほか●築年月/昭和42年11月~昭和43年10月●アクセス/<1101号棟~1109号棟>①小田急小田原線「小田急相模原」駅下車 徒歩17~18分②小田急小田原線「相武台前」駅下車 神奈中バス相武台団地循環約7分「団地東」バス停下車徒歩1~5分(※棟により異なる)<2301号棟・2302号棟>①小田急小田原線「相武台前」駅下車 徒歩17~20分②小田急小田原線「相武台前」駅下車 神奈中バス相武台団地循環約4分「団地センター前」バス停下車徒歩3~4分

関連記事

成長の記録をカタチにする「手形足形アート体験」&先輩ママ防災士による「防災サロン」をユソーレ相武台で開催しました(2024.02.01)
https://www.kousha-chintai.com/blog/efforts/post-49.php

3月11日(土)相武台団地(相模原市南区)けやき広場にて「いつもの防災フェスタ」が開催されました。(2023.03.27)
https://www.kousha-chintai.com/blog/efforts/311.php

ステップアッププロジェクトの『足腰人間ドック』で目指そう!健康長寿!(2023.10.27)
https://www.kousha-chintai.com/blog/efforts/post-42.php

平鹿(総務広報課) こんにちは! 皆さんに公社の取り組みを知っていただけるよう、どんどん情報発信していきます。